W123はレトロなところが残っていて尚且つ今の交通事情に十分適応できる車です。女性の方にも何不住無く運転できるところがこの車の良いところです。ディーゼルとガソリン車が有りまが、先のディーゼル車規制により従来は高かったディーゼルターボもお求め安くなりました。

W123の型式としては、ワゴン:300TD/300TDT/280TE/230TE/250T/200T
セダン:300D/300DT/230E/280Eなどがありますが、その他の型式・タイプについては大雑把ですが、[BENZ HISTORY] にまとめましたのでご参照下さい。

 ※年代・タイプは、独/日で若干の差がありますので目安としてご覧下さい。



   メルセデス・ベンツのポリシー
自動車の発明、創世記に多大な貢献をした偉大な3人 ゴットリーブ・ダイムラー、ウィルヘルム・マイバッハ、カール・ベンツ
その中でもカール・ベンツは、乗り心地の良さや快適性を追求し数々の発明をしました。 初期の段階からエンジンの冷却(水冷)やトランスミッション、ドライブシャフト等を考慮し、 その流れは現代の自動車まで引き継がれています。
ただ乗るだけでなく、乗り手の気持ちを考えて車を設計するそんなポリシーがベンツの根底には脈々と流れているのです。
また、「メルセデス」と言う名は、実業家であり自動車愛好家のエミール・イェリネックがダイムラーのエンジンを使いカーレースに出場するときに愛娘の名からとられました。
その後エミール・イェリネック「ミスター・メルセデス」と呼ばれ自動車の発展に大いに貢献しました。

自動車の歴史はこちらで詳しく書かれておりますので興味のある方はどうぞ・・

 ・Daimler Chrysier Japan / メルセデス・ベンツ マガジン
 ・DaimlerChrysler - ダイムラー・クライスラーの歴史
 ・マガジン メルセデス・ストーリー
 ・Welcome to Car History 自動車の歴史 Part-1.



   メルセデス・ベンツ買いますか?
いつかはベンツ、そんな思いの方も沢山見えると思います。
国産の車も確かに良いですが、メルセデス・ベンツの良さは一度ベンツに乗るとその違いははっきりと感じられます。
それは高級車であるがゆえ、車を作るときのコンセプトがそもそも違います。
 「メルセデス・ベンツ=高級車=値段が高い」 と言う図式には、安さに走らず各パーツに渡り妥協せず厳選された部品を使用して車を作る、そんなコンセプトの元で作られるから当然といえば当然なのかも知れません。

国産車や多くの輸入車も10万kmも走るとそろそろ・・・な感じがしますが、ちゃんと整備されたベンツはまだまだこれから (ヨーロッパでタクシーに使用されているベンツは30万kmもザラです。)、要はきちんとした整備がされているかが問題!
ヴァレンシアオートではご購入頂いた車を快適にお乗り頂くため、品質の良い車ばかり集めております。
また、20年のキャリアでレストア・チューニングも承ります。

ストックしておりますベンツはW123が中心となっておりますが、このW123・W124シリーズがベンツらしいベンツと言っても過言ではありません。
人によっては「W124までしかベンツと認めない」と言う意見もありますが、良きヨーロッパの雰囲気と高級車の質感を持ち合わせた、これぞベンツ と言うのはいかがでしょうか?

ストックリストにあります車は全て現車確認可能です。  各パーツを厳選し、サスペンションも含めた足回りやミッション、勿論エンジンのフィーリングやハンドリング、シートの質感までベンツの良さを是非ご試乗頂いてご自分でご確認してください。
旧車・中古車が快適にお乗り頂けると思います。


   ヴァレンシアオート オリジナル リストア&チューニング


走れば走るだけ良くなるチューニング!?

ベンツを知り尽くしたヴァレンシアオート オリジナルチューニングを行えば、新車の走り・フィーリングが蘇ります!
もともと整備された車は、更に良く走り燃費も向上!

何故?:ベンツと言えども工場で作られているからには、新車においても各部品のバラツキにより性能差があります。(ベンツは比較的国産車や他の輸入車に比べ少ないですが、いわゆる当たり外れは必ずあります)
 ヴァレンシアオートでは長年の実績を元にオリジナルのレストア、チューニングを承ります。
 駆動系(エンジン・ミッション・足回り)は各部位をバラしてくたびれた部品はベンツオリジナルパーツへ交換、組み付けるときにはクリアランスの調整からボルト1本まで神経を使い、最適な状態にします。
 電装系は、配線を辿り問題点をチェック!、排気系は長年にわたり溜まったスラッジを除去、車全体のストレスを取り去ります。

  ※エンジンだけミッションだけと、一部分のチューニングではなく車全体の調子をトータルに考える事が重要です!



エンジンの調子が悪い場合には、エンジン載せ買えも承ります。
レストアするのも1つですが、不具合の場所が多い場合はトータルとして安くなる場合があります、 同型のエンジンが在庫に無い場合は取り寄せも可能ですので、一度お電話下さい。

今まで輸入車で失敗された方・整備・修理でお困りの方ぜひ当社へお尋ねください。
車が古いからとか距離が10万q以上走っているとか諦めずに是非ご相談ください。





御予算や車の程度によりご相談承りますので、詳細はお問い合わせ下さい。



   Q&A
・雑誌やインターネットで同じ型のベンツを探しましたが、ヴァレンシアオートの車は安いようです。 この値段の差は何でしょうか?

    在庫しております車の品質については自信を持ってお届けしております。
    車の価格は簡単に分けると(市場価格+必要経費)になります。車の価格は必要経費の中には店舗の費用なども含まれてきます。
    車に限った話ではありませんが、立派なショールームで車がきれいに並べてある・・・見た目はよいですね! また、都会にあると当然物価に比例して必要経費は上がります。
    つまり、ショールームや綺麗な店舗、立地条件により自動車の価格に跳ね返って来ます
    ヴァレンシアオートでは、よい車を安く提供するためにショールーム等は設けておりません、また店舗にしてもレストランと共用する事により極力コストを抑えており、その分よい車をお値打ちにお届けしております。
    また岐阜と言う関東にも関西にも近い地の利を生かしてよい車を集めれるのも理由!

・ストックリストの中でも同じ車種で価格の差がありますが何故ですか?
    車の程度とボディカラーによります。程度といっても様々ですが、通常使用するのには差し障りありません。
    また、ボディカラーも含めこの辺りは上記の市場価格に影響されるところが大きいです。

    中には他の店舗の物より価格が高いケースもありますが、車の程度が良い物やより長く乗って頂くために整備を行った場合は他店より高くなるケースがあります。

・塗装やレストアは値段が高ければ良い仕上がりになるのでしょうか?
    一概には言えませんが、値段が高ければ良いと言うものでもありません
    塗装の場合は、表面の良し悪しは当然ありますが、重要なのは前処理になってきます。
    国産の場合は大きな差はありませんが、W123クラスになりますと塗装前にモール、シート、内張りを外すことだけでも結構な技術が必要になります。
    値段には表れない "小さなこだわり" 、そんな職人の積み重ねが良いものを生むのは間違いありません。
    また、車両価格と同じですが必要以上な整備・塗装工場や立地条件も当然価格に反映されますので『高いだけ良い仕上がり』と思わず実際に話をきいてサンプルを見せてもらうのが一番です。 ヴァレンシアオートでは、全塗装やレストアのサンプル車もありますので、お気軽にご相談下さい。



メルセデスベンツ専門店ヴァレンシアオート
W123 W124 500E E500 E320からAMG仕様までベンツの事なら何でもご相談下さい!

岐阜県本巣郡北方町高屋伊勢田
TEL 058-324-6548 FAX 058-324-6548